スタッフブログ

歯科医院スタッフのブログ集です。 たくさんコメント募集しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

no title

みなさん、こんにちは!
お盆休みも終わり、涼しい日が続いていますね。和田歯科も今週から診療です。お盆休みに毎日更新してきた歯科の豆知識ですが、今日は虫歯の原因の一つ、砂糖についてお話ししたいと思います。
砂糖、つまり甘いものを食べると虫歯になりやすいことは昔からよく知られています。砂糖は虫歯菌の栄養になるからです。では、砂糖を食べなければ虫歯にならないのか?答えはNOです。食べ物のほとんどに砂糖や糖質が含まれています。よって砂糖を直接食べなくても虫歯になってしまいます。要するに食事をすればそれは我々の栄養になるのと同じように虫歯菌の栄養にもなるのです。これだけの話だと大半の方がご存知の内容かと思います。ですので、今回は意外と我々が口にするものの中には砂糖が含まれていることをお話ししたいと思います。
まず1日に成人が取る砂糖の目安量はそのまま食品として摂る場合、5g スティックシュガーで2本弱、お菓子として摂る目安量は20~30g スティックシュガーで7~10本です。お子さんの場合はもっと少なくなります。
そして、アイスクリーム120gに含まれている砂糖の量はやく25g スティックシュガー8本、ケーキ1切れの砂糖の量が約25g スティックシュガー8本、チョコレート1枚の砂糖の量が約25g スティックシュガー8本、100%オレンジジュース150ml、コップ1杯の砂糖の量が16g スティックシュガー5本強、スポーツドリンク500mlの砂糖の量が30g スティックシュガー10本、水 お茶は0gです。
意外と多くの砂糖が含まれていることに驚かれた方もおられるかと思います。
また、砂糖の摂りすぎは虫歯以外には歯周病、糖尿病、肥満、高血圧、心臓病の原因になったり、イライラしたり、集中できなかったり、記憶力が低下したり、アトピー、花粉症、老化の原因にもなります。
スポーツドリンクやジュースは美味しいですがあまり飲み過ぎには注意して下さい。冷蔵庫には常にお茶を入れておいてジュースやスポーツドリンクは入れないようにすることをお勧めします。ぬるいジュースやスポーツドリンクは飲めませんからね。たまには飲むのもいいかと思うのでその辺りは各ご家庭で調整していただければと思います。
今回も長い文章を読んで頂きありがとうございます!


スポンサーサイト
  1. 2015/08/20(木) 13:00:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

おはようございます!
今日がお盆休み最終日の方が多いのではないでしょうか?
昨日までの遊び続けた疲れを取る人、最終日まで全力で遊び尽くす人様々かと思います。
今回の歯科の豆知識は唾液が少なくなるとなぜ虫歯になりやすいかについてお話ししたいと思います。

唾液には食べ物を溶かす、歯を強くする、歯を溶かす、口の中の湿度を保つなど様々ありますが虫歯を抑制する作用もあります。
ここで問題です。唾液の多い人と少ない人ではどちらが虫歯になりにくいと思いますか?

答えは唾液が多い人です。唾液が多いと虫歯菌がある一定の場所にとどまりにくいため、歯を溶かしにくいのです。唾液の量が多い人は虫歯菌が歯を溶かす前にその菌を流してしまうために虫歯になりにくいのです。あくまでなりにくいだけですので注意してください。少しくらい歯が溶かされても先ほど書いた唾液の働きの一つ、歯を強くする、正確には歯が溶けた部分を元に戻す作用が働き歯が溶けないのです。
ここで疑問に思われる方がおられるかもしれません。歯が元に戻るなら虫歯は何もせず放っておけば治るじゃないかと。しかし、元には戻りません。
虫歯菌などで歯が溶ける場合、まずは歯の少し内部から溶けていきます。そして、ある程度溶けてしまうと歯の表面の層が割れてしまい、虫歯になるのです。歯が元に戻るのは内部だけが溶けて歯の表面の層が壊れていない状態の歯だけです。
ここまでは唾液の量についてお話ししました。
次は唾液の質についてお話しします。虫歯とは虫歯菌が口の中を酸性にして歯を溶かすことでできます。しかし、人間の口もその虫歯菌の働きに対して、唾液を出して口の中の酸性を中和して口の中を中性にします。しかし、この中和の能力には個人差があり、素早くきちんと中和できる能力を持った唾液を作ることのできる人もいればそうでない人もいます。
今までお話ししたように唾液の量や質によって虫歯になりやすい人、なりにくい人がいます。虫歯になりやすい人はフッ素を頑張って使用していただいたり、歯磨きを頑張っていただいたり、甘いものをあまり取らないようにしていただいたりしていただいて虫歯にならないようにしていただければと思います。虫歯になりにくい人も虫歯にならないからと言って歯磨きを怠らないようにしていただきたいと思います。虫歯にならずとも口の中が汚れていると歯周病になったり、肺炎になったり、口臭の原因になったり、糖尿病を悪化させたりする原因になります。
ですので、みなさん、お口の中を綺麗にしていただいて健康、健口な生活を送っていただきたいと思います。そのための手段として歯科医院を利用していただければと思います。私共も全力でサポートさせていただきます。
今回も長い文章を読んで頂きありがとうございます!
  1. 2015/08/16(日) 07:11:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

こんにちは!!
あとお盆休みも残り2日ですね。僕は朝からビールを飲んでお盆を満喫してました!
さて、今日の歯科の豆知識は歯磨きについてお話ししたいと思います。
ここで唐突ではありますがみなさんは歯磨きをするときどのように歯ブラシを持っていますか?みなさん、様々な持ち方をされているかもしれませんが推奨されている持ち方は鉛筆を持つように歯ブラシを持つ方法です。(^O^)そのように持つことで歯ブラシに力が入りすぎないのです。これはしっかり歯を磨こうとする方に多いのですが、磨く力が強すぎて歯が削れたり歯茎が傷ついたり歯茎が下がる方がおられます。歯の汚れで歯垢と呼ばれる汚れは軽く歯ブラシを当てるだけで落ちます。試しに食事あとに綿棒などで歯の表面をすぅっと撫でてください。おそらく簡単に汚れが落ちるはずです。歯磨きで重要なのはむしろ歯ブラシを動かす範囲と角度です。そしてなにより毛先をきちんと歯に当てることです。
歯ブラシを動かす範囲は1~2本の歯を磨くような範囲で動かします。そして毛先を歯と歯茎の境目に入れるようなイメージで当てます。噛み合わせの面は小さく動かします。なかなか歯と歯茎の境目に歯ブラシを当てるのは難しく、意識していただかないとできません。あと、歯ブラシに加える力ですが、イメージとしてはトマトの表面を磨いて傷つかない程度の柔らかい力で十分汚れは落ちます。それ以上の力だと上に書いたような弊害が出てきます。このようにして歯垢は落としてください。しかし、完璧に汚れを落とすことは難しく、残った汚れはやがて硬い歯石になります。歯石になると歯医者で専用の機械を用いないと除去できません。歯茎の状態が悪くない人であれば2~3ヶ月に1回歯医者に行って歯石を落とせば大丈夫かと思います。歯石が付きやすい場所は決まっていて大体下の歯の裏側と上の奥歯に多く付きます。これはこの辺りに唾液の出口がありこの辺りのカルシウム濃度が高いためです。歯石そのものはあまり歯茎に対して悪さはしないのですがこれが最近の住処になるため、歯石は取り除かなければならないのです。
みなさん、お忙しいとは思いますが2~3ヶ月に1回は歯医者に行って歯を綺麗にしてもらってはいかがでしょうか?
車をお持ちの方は車検に車を出すと思います。女性の方は美容院に行かれるかと思います。男性の方も理髪店に行かれるかと思います。
同じように口の中も車検のように定期的な検診が必要ですし、なにより歯医者で口の中を綺麗にしてもらうと爽快感があり、気持ちがいいです。それこそ美容院や理髪店に行ったあとのように。
ご都合がつくときで構いません。一度、歯医者で口の中を点検し、綺麗にしてもらって気持ちのいい爽快感を味わってみませんか?

今回も長い文章を読んで頂きありがとうございます!次回はなぜ唾液の量が少ないと虫歯になりやすいかについてお話ししたいと思います。
  1. 2015/08/15(土) 15:30:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

皆さん、こんばんは!
今日も歯科の豆知識を書きたいと思います!!

今日は虫歯の原因の一つ、最近についてお書きしたいと思います。
虫歯の原因は何と言っても虫歯菌です。虫歯菌さえ口の中に居なければ虫歯にはなりません。そんな人いないよと思われるかもしれませんが実はいるのです。それは生まれたての赤ちゃんです。最近ではよく言われるので知っている方もおられるかもしれませんが、赤ちゃんの口の中に虫歯菌や歯周病菌が存在する理由はお母さんからの伝染が大半を占めています。ですので、昔はよく行われていたお母さんからの食事の口移しなどはしないほうが良いかと思います。お子さんの口の中を綺麗にするにはお子さんだけではなく、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんも口の中を綺麗にする必要があります。できれば、ご家族みなさんでお口の中を綺麗にしていただくことをお勧めします!!虫歯や、歯周病は伝染病だからです!!
しかし、どんなに気を付けていても歯が生えてくると個人差はあれど口の中には虫歯菌や歯周病菌が存在する可能性は高いです。そんなときどうすれば良いのか?大抵の方はその答えを知っておられるかと思います。そう、歯ブラシです。歯を磨けば口の中の細菌数が減ります。それだけで虫歯になる危険性は下がるのですがどんなに綺麗に歯を磨く人でも口の中を100%綺麗にすることは難しいです。そこで、歯磨きと併せて使っていただきたいのが前回お伝えしたフッ素です。フッ素は歯を強くするだけではなく虫歯菌を弱める作用もあります。
また、よく夜寝る前に歯を磨かないと虫歯になるよと言われたことがあるかと思います。これは正しいです。なぜなら、夜寝ている間は唾液を作る器官も休憩するため唾液の量が減るからです。朝起きたとき口の中がネバネバするのはこのためです。ですので夜寝る前には必ず歯磨きが必要になるのです。しかし、できれば毎食後に歯磨きはしていただきたいです。なかなか時間をとるのは難しいかもしれませんが、毎食後歯磨きをしていただき、かつ夜は5分程かけてゆっくりとしっかりと歯を磨いていただければと思います。
なかなか理想を追い求めるのは難しいかもしれませんが、より健康なお口で食事したりお話ししたり笑ったりするために毎日の歯ブラシやフッ素を頑張ってみていただければと思います。
今回も最後まで読んで頂きありがとうございます!
次回は歯ブラシの方法と唾液が少なくなるとなぜ虫歯になりやすいかについてお話ししたいと思います。
  1. 2015/08/14(金) 23:15:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

こんばんは!今日から徳島では市内の阿波踊りですね!今年も活気のある阿波踊りが4日間繰り広げられることかと思います。毎年、和田歯科では市内の阿波踊りの日をお盆休みとしてお休みさせていただいてます。

ですので出来ればお盆休み中は毎日歯の豆知識を更新したいと思います!

今日は虫歯についてお話ししたいと思います。虫歯ですが、虫歯になる原因は歯質、細菌、砂糖の3つがあるとされていました。これらをカイスの輪と言います。細菌ではこれらの原因に加えて時間という概念が加わりました。今回はこの時間という概念についてお話ししたいと思います。時間てなあにと思われる方も多いと思います。虫歯はもちろん、夜遅くに甘い物を食べると虫歯になります。しかし、この時間というのはこの遅い時間に食べるという時間ではありません。この時間とはどれだけの時間ごはんやお菓子を食べるのに費やしたかという時間です。
ここで一つ考えていただきたいのですが、1キロのチョコレートを一気に食べるのとこれを少しずつ1時間かけて食べるのとどちらが虫歯になりやすいと思いますか?意見は様々かと思いますが、正解は後者です。なぜかというと、1時間かけて少しずつチョコレートを食べると1時間以上口の中が酸性になっているためです。何かが口の中に入るとその食べ物を溶かすために唾液の成分が酸性に移ります。歯は酸性に弱く、酸性になると歯が溶けて虫歯になってしまいます。しかし、ご飯やお菓子を食べ終わって口の中に何も入ってこないと唾液が酸性に傾いたお口を中性の方向に戻してくれます。よって口の中に何か食べ物がある時間を短くした方が酸性に傾いたお口が中性の状態に戻りやすくなります。ですので、ご飯やお菓子はきちんと毎日時間を決めて、だらだら食べずに、しかししっかりと噛んで食べると虫歯になりにくいのです。明日の朝ごはんから時間を決めてダラダラ食べないようにしてみてはいかがでしょうか?(ただし、唾液が中性に戻してくれるからといって歯ブラシを怠ると虫歯になりやすいです。この理由はまた次の機会にお話ししたいと思います。)
明日は他の原因についてお話ししたいと思います。
今日も読んで頂きありがとうございます!
  1. 2015/08/12(水) 22:59:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

みなさん、こんにちは!

もうすぐお盆休みですね。みなさんどのような計画を立てられてますか?おそらく暑いと思われますので体調等崩されないようにお気をつけください。

今回の歯科の豆知識ですが、夜間の歯ぎしり、食いしばりについてお話しします。驚くことに日本人100人のうち90人以上が夜間に歯ぎしり、食いしばりをしているという研究結果があるのです。こういうお話しをすると歯ぎしりなんてしてないよとおっしゃる方がおられるかと思うのですがほとんどの方が歯ぎしりをされています。試しに下顎をゆっくりと左右に動かして上下の歯を擦ってみてください。おそらく多くの方が上下の歯がぴったりと合うかと思います。歯が生えたてのころは上下の歯がぴったりと合うことはありません。長年上下の歯を擦っている結果上下の歯がぴったりと合うのです。昼間に歯ぎしりをしている方はほとんどおられないかと思うので、夜間に歯ぎしりをしているのです。夜は脳も寝てしますのでどんなに頑張っても歯ぎしりを全くなしにすることはほぼ不可能です。昼間に意識して上下の歯を当てないようにしていただければ歯ぎしりの程度を下げることができます。ですが、なかなかゼロにすることは難しいのが現状です。ではどうすればいいのか。上下の歯が物理的に当たらなければいいのです。夜間にマウスピースを上顎に付けて寝ていただければ上下の歯が当たることがありません。ですので例え下顎を左右にギリギリしても上下の歯が当たらないので歯が守られます。そしてマウスピースは歯よりも柔らかい素材でできているので歯ぎしりをしてもまず壊れるのはマウスピースが壊れるので上下の歯が守られます。マウスピースは夜に入れるものなので入れられるかどうか不安な方もおられるかと思いますが私自身マウスピースを入れて寝ていますが今では入れずに寝るほうが起きた時に違和感があります。しかし、マウスピースの違和感は個人差があるのでなんとも言えないところではあるのですが出来れば噛んだ時の違和感や歯がグラグラしたり歯が折れたり被せ物が外れたりといった症状が出る前に予防としてマウスピースは入れて頂きたいです。もし朝起きた時に奥歯に違和感があったり顎がだるかったり奥歯がしみたりすることがあれば早めにご相談いただければと思います。
今回も長文を読んで頂きありがとうございます。


  1. 2015/08/09(日) 17:06:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

最近暑い日が続いてますね>_<みなさん、体調など崩されてないでしょうか?でも暑いのは悪いことばかりではありません。暑いから海水浴や川遊びが楽しいんです!ものは考えようです。日曜日などは海や川などに行かれる方も多いのではないでしょうか?楽しいことを考えて夏の暑さを乗り切ろうではありませんか!!
今回の歯科の豆知識ですが、前回の続きです。1日のうち歯が20分以上当たっているとどんなことが起こるかについて説明したいと思います。
ここで、みなさんに想像してもらいたいのですが砂場に杭を打ち込んでその杭をグリグリと押すとどうなるか想像してみてください。おそらくみなさん、杭の周りの砂が無くなり、そのうち杭がグラグラしてきて最後には杭が抜けてしまうところを想像された方がほとんどではないでしょうか?これと同じことが口の中でも起こるかもしれないのです。上下の歯が常に当たっていると歯を支えている骨が砂場の杭の例と同じように溶けてしまうかもしれないのです。ちょうど歯が杭で、骨が砂場だと考えてください。歯の周りの骨だけが溶けれしまうのです。そうなるともともと歯茎に隠れてした根っこの部分が口の中に見えてきて歯がしみたり、ずっと歯に力が加わっているので噛んだ時に奥歯に違和感や痛みが出たり、歯がグラグラしたりします。その他の症状としては、歯を介して骨に力が加わるため、骨が反応して骨の表面に骨の膨らみを作ったり、頬っぺたの内側や舌に歯の圧痕がついたり、歯の噛み合わせの部分が削れてツルッとしたり、詰め物が外れたり、など様々な症状が挙げられます。
でも自分で噛んでいるかどうかなんて分からないとお思いのあなた、ご自身の口の中を見てみてください。歯の頭がツルッとしていたり、骨の表面に膨らみがあったり、頬っぺたの内側や舌に歯の圧痕があったりする人はひょっとしたら1日のうち20分以上上下の歯が当たっているかもしれません。これは癖の一つなので意識していただければ改善できます。
逆に言えば、昼間意識していただいて上下の歯を離すだけで上に書いたような症状が出る確率を下げることができるのです。歯を離すだけです。
この時のポイントが、気が付いた時だけで構わないということです。これは一種の癖なので短期間ではなかなか治りません。気が付いた時だけ歯を離してみてください。四六時中気にすると仕事に手がつかないようになってしまいますのであくまで気が付いた時だけでお願いします。
あ、あともう一つお願いがあります。歯を離す時は唇は閉じたままでお願いします。一緒に唇まで開けてしまうと口の中が乾燥してしまいます。唇は閉じたままでお願いします。
長文を読んでいただきありがとうございます!
  1. 2015/08/04(火) 13:07:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。